因島の近海で捕れたての「タチウオ」を
さっくりしたフライにして、
秘伝のタルタルソースで作った
「おさかなバーガー」は、日本中で
因島のみ、食べることが出来ます。
 
ソースが選べる2種類に!

 
 

 
 
 

瀬戸内海の新鮮な太刀魚をフライにしてサンドした、お魚バーガーです。

 
因島近海(瀬戸内)で捕れたタチウオ(太刀魚)のフライです。

 
マヨネーズから手作りしたタルタルソースです。キュウリのピクルスを刻んで、パンチをきかせています。

 
「児玉パン」さんが、太刀魚のフライをサンドしたときに食べやすい大きさと厚みに 作ってくれたコッペパンです。

平成21年、商店街の活性化を目指して地元の素材を使った「おさかなバーガー」を開発しました。

 

因島近海では、タチウオ(太刀魚)が豊富に捕れます。
地元の食材を活かした、因島ならではの商品を考え、誰でも気軽に食べられ、しかしここにしかないタチウオのフライをサンドしたバーガーを開発し「おさかなバーガー」と名前を付けました。
 
テレビや雑誌で紹介され、地元の方はもちろん、遠方から沢山の観光客の方々にも喜んで頂いています。
 


「おさかなバーガー」のロゴは尾道大学の学生さんに考えてもらいました。
毎週土曜日の10時30分から、店頭で売り切れるまで販売しています。
 
毎月24日に土生商店街で行われる「~願いが叶うといいなぁの日!~」でも、販売しています。
 
ご近所の方、島内の方やサイクリストさんがわざわざ買いに来てくださって、おかげさまでお昼には売り切れです。
ときどき、イベントにも出店しています。
 
※出店情報はお店の フェイスブックページでお知らせしています。